佐賀県小城市にある通所リハビリテーション「心(こころ)」です。
通所リハビリテーション 心
TEL:0952-73-8856
9:30~16:00(月~金)

居宅介護支援

事務長あいさつ

事務長

私は介護に従事して、今年で14年になりますが、介護福祉士や介護支援専門員(ケアマネジャー)などの資格を取得したり、認知症介護実践者研修や認知症介護実践リーダー研修を修了したりと勉学に励み、それを基に日々、支援をさせて頂いております。

当事業所の通所リハビリテーション心もそうですが、指定を受けた介護事業所には介護保険法という法律が基準となり、その法律の第1条には『有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう』という文言があります。
いわゆる自立支援です。

ですので、介護事業所で介護を生業とする人(職員)は、自立支援を念頭に支援をすることが求められていますし、介護サービスを利用する人(利用者様)も自立を念頭に支援を受ける(介護サービスを利用する)ことが求められるということになります。

少しかみ砕くと、「できないこと」でも、体の機能の回復や、別の手段を用いることで「できる」ようになったり、「できる」状態を保ち続けたり、と状態の維持や改善を前提としています。

ですが、間違った関わりとして、利用者様は職員に「してもらうこと」を求め、職員は「してあげること」を与えてしまうことがあります。

維持・回復を前提にしていない、変わりにしてあげる行為です。

ある種、利用者様も人、職員も人であるがゆえに起きてしまう出来事なのかもしれませんし、そのことが、人としての行為だけで考えれば、優しさや正解になるのかもしれません。

しかし、介護には状態の維持・改善を目的とした自立支援が求められています。

ですので、「人としての当たり前(正解)」と「介護での当たり前(正解)」は別なのだと思いますし、そのことからも、介護を生業としている人(職員)は、限られた分野(自立支援が求められる介護)の職業に従事する「専門職」であると考えることができると思います。

今後も介護の専門職としての誇りを持ち、日々、感謝の気持ちを持ちながら支援をさせて頂きたいと思います。

居宅介護支援事業所とは

男性とパソコン

ケアマネジャーが勤務している事業所です。

ケアマネジャーとはご利用者が介護サービスを利用するにあたり、事業所との連絡・調整や書類などのお手伝いをする職種です。

介護サービスの利用を希望される時は、まずはケアマネジャーにご相談下さい。

居宅介護支援申込みからサービス提供までの流れ

1. 契約

居宅介護支援事業所(ケアマネジャー)と契約を締結します。

印鑑

2. アセスメント

利用者の方が困っていらっしゃることや解決したい内容など、思い(目標)を確認します。

ケアマネジャーと利用者の話合い

3. 居宅サービス計画作成

何を(困りごと)、どのように(介護サービスの利用・家族の手伝い等)して解決し、目標を達成していくかの計画を立てます。

ケアマネジャーの会議

4. サービス担当者会議の開催

計画書をもとに利用者の方ご本人・ご家族も含め、関係者全員で支援の方向性を決定します。

ケアマネジャーと利用者の話合い

5. サービスの提供・開始

計画書に基づき、サービスの利用が開始されます(デイケアの利用開始など)。

集団レクリエーション

6. モニタリング

ケアマネジャーが月に一度は自宅に訪問し、ご本人・ご家族と面談をしながら、経過の確認をします。必要に応じて計画の変更をします。

送迎車

事務所概要

運営法人名医療法人 永潤会
事業所名居宅介護支援事業所もみじ
住所〒845-0021
佐賀県小城市三日月町長神田2171-5
(タイヘイ薬局メディカルモールおぎ 内)
TEL0952-73-8857
問い合わせ先事務長 峯
事業所の指定番号居宅介護支援事業(佐賀県 4171300561号)
通所リハビリテーション心外観

サービス提供実施地域:小城市、多久市(東多久地区)、佐賀市(鍋島、大和川上地区)